肥満とは?
どこからが肥満?
遺伝から見る肥満
症候性肥満
性別・年齢の太り方
単純性肥満
皮下脂肪型肥満
病的肥満
肥満の原因
ストレス
運動
骨格
食文化
生活スタイル
肥満から引き起こす疾病
虚血性心疾患
がん
肝硬変
高コレステロール血症
高血圧
腰痛
中性脂肪血症
糖尿病
動脈硬化
脳卒中
変形性関節症
無呼吸症候群
ダイエット
サプリメント
ダイエットの考え方
食生活を見直す
肥満外来
部分痩せ
有酸素運動

デブ脱出大作戦

デブを卒業する

怖い肥満

人間の三大欲求と言えば、食欲、睡眠欲、性欲ですね。どれも人間が生きていくうえで必要なものです。ですが沢山食べればよい、眠ればよいと言う事にはなりません。人間が生きていくうえでも大切なのはバランスが大切になっていきます。

食欲に任せて食べたいだけ食べて、眠りたいだけ眠るとどうなってしまうでしょうか。ずばり太ります。デブになってしまうと、もちろん容姿は変わります。ですがそれだけではありません。デブになると身体の中でも様々な変化が起こります。そんな肥満についてお話をして参ります。

デブの語源は、江戸時代の「でっぷり」とう擬態語が派生して名詞化されました。でっぷりというのは恰幅が良く太っている様と言う意味です。昔々は太っている人と言うと逞しいイメージや腕っぷしが強いイメージなどが連想されやすい傾向にありました。ですが現在ではそれだけではありません。

島国であった、日本は日本独自の食文化で健康を維持していきましたが、時代と共に諸外国の食文化や文化の発展で様々な料理が出回るようになりました。その中でも特に強い影響を受けているのが欧米化の食事習慣です。それらに伴なって様々な病気や生活習慣病も蔓延するようになりました。

そういった事もあり、太っているという事が、前記のイメージのほか、不健康に見られたりとマイナスイメージも加わるようになりました。近年ダイエットブームが起こり、正しい食習慣から遠ざかる人も少なくありません。デブのイメージが昔と現在で変わってきた様に、肥満や現在の食習慣についても見方を変えていかなければなりません。太ってしまうのには必ず原因が存在します。まずは見るべきは食事量です。

自分の身長に合った標準体重であるかどうか、そしてその身体とライフスタイルに合った食事量かどうか。普段の生活でどれくらい身体を動かしているのかなどを考えてみましょう。肥満に繋がる生活は、偏った食習慣や生活習慣が背景に存在します。今一度見直してみましょう。

Copyright (C) デブ脱出大作戦 All Rights Reserved